オンラインカジノの入出金手段 アイウォレット

アイウォレット

アイウォレットのオンラインカジノの導入は徐々に進んでいる

アイウォレットは、エコペイズと比較した場合発展途上な部分が残っていることから、オンラインカジノで利用されているケースが少なくなっています。利用したいと思える手段であれば徐々に導入される可能性は高くなりますが、エコペイズで済まされている事が多いのが現状で、最近になってようやく導入カジノが増えつつある状況です。

エコペイズに対してアイウォレットが負けている部分

アイウォレットがエコペイズに負けてしまっている部分としては、手数料が高いという部分です。手数料が高いと感じられるなら、軽減するための方法を取りたいものです。アイウォレットは、変換の手数料が高いことに加えて、振込などの手数料も全体的に高くなっています。更に口座維持手数料が必要となる場合もありますので、アイウォレットを活用し続けないと損をしていきます。
エコペイズの場合は、手数料を削減できる可能性を持っていますし、グレードを上げていけばどんどん手数料削減が図られるようになります。VIPクラスまで行けるようになれば、かなり大きなメリットを得られて、振込手数料なども削減しやすいのです。
アイウォレットとしては、今後手数料の削減などを図っていけるようなら、ある程度使いやすさが出てくることでしょう。オンラインカジノとしても、変わってくれることに期待している部分もあります。

アイウォレットの導入をオンラインカジノも考える

オンラインカジノとしても、複数のサービスと契約しているようなら、メリットを得られるようになります。他のオンラインカジノから、運営しているオンラインカジノに来てくれるだろうというイメージを持てるので、エコペイズだけでは駄目だと思っています。実際にベラジョンカジノのように、アイウォレットを導入したところもあります。逆にジパングカジノは、エコペイズが可能となったオンラインカジノです。
導入について、徐々に考えられている傾向もあり、アイウォレットを導入しているところはエコペイズも活用できる仕組みが多いです。どちらにも対応できることは、将来的にどちらかが撤退した時に、オンラインカジノとして対応しやすい部分も持っています。
ネッテラー撤退によって、大きく変わっていった部分は間違いなくあるので、安全策をオンラインカジノとしても取りたいと思っています。第2の方法であるアイウォレットを狙っているのは、将来的なリスク軽減のためです。

アイウォレットの手数料に気をつけよう

使いやすいサービスを提供しているアイウォレットですが、手数料には気をつけることとなります。手数料が大きくなっている場合に、使いづらいと感じる可能性も高いのです。しかも手数料の支払いは、アイウォレットに残されているお金から請求されます。支払えないような状況となれば、アイウォレットからの出金が行えない可能性も高くなります。

手数料

アイウォレットの手数料が発生する場面

振込手数料は、アイウォレットでも作られやすいとされていて、多くの場合に適応されます。同じ口座間であれば、グレードによっては無料としている場合もありますが、それ以外の口座であればアイウォレットの手数料を支払うことになります。オンラインカジノのサービスを経由する場合でも、手数料は取られてしまいます。
更に、口座維持手数料が発生する場合もあります。アイウォレットを活用しているなら良いですが、活用していない休眠口座として残している場合、アイウォレットは手数料を払うように手続きをします。この休眠口座維持手数料は、非常に厄介なものですから、オンラインカジノの利用のために長く使っていくことを考えないと、アイウォレットで損をする場合もあります。
他にも、通貨を変換するための手数料など、多くの手数料が関係していきます。全ての手数料を把握するのは難しいかもしれませんが、適応されるものだけでも知っていないと後から大変ですので、当たり前のように適応されるものだけでも知っておくと良いでしょう。

アイウォレットで手数料は削減できないのか

エコペイズの場合は、手数料を減らすためにグレードを上げる方法が用意されています。しかしアイウォレットの場合は、そのようなサービスを殆ど持っていないので、手数料は支払わなければなりません。アイウォレットの経営状況などが影響しているので、支払わないと駄目な場合には支払うこととなります。
アイウォレットは、手数料によってより多くのサービスが提供できるように考えているので、手数料を受け取れなくなってしまうとサービスを提供できません。なるべくお金をもらうことを前提として考えて、サービスの運営を考えているのです。
これからもアイウォレットを活用する場合には、手数料という概念が発生すると思ってください。手数料自体も、エコペイズよりも高い傾向を持っていますので、もしかしたら手数料でかなり苦労する可能性もあります。気になる部分はしっかり考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です