オンカジ日記

カジノの問題として取り上げられやすい議題

オンラインカジノとは?社会的な問題について

オンラインカジノはギャンブルの中でも、新しいギャンブルです。
世界的に人気であり、多くのプレイヤーが存在しています。
日本語対応のオンラインカジノでは日本人プレイヤーが遊べるようになっていて、日本人が遊ぶことが多くなってきました。

しかし、新たに遊ぶ場合には、オンラインカジノが抱えている社会的な問題も合わせて知っておく必要があります。
オンラインカジノは、メリットもたくさんありますが、社会的な問題を抱えていて、これは解決しなければならない課題です。

そこで、オンラインカジノが抱えている社会的な問題について具体的にどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

オンラインカジノとギャンブル依存症の問題とは

オンラインカジノの社会的な問題として、いくつかの問題がありますが、そのうちの一つが『ギャンブル依存症』です。

ギャンブル依存症になると、寝ても覚めてもギャンブルのことしか考えられなくなってしまいます。
そして、ギャンブルをするために、周りに嘘をつくようになり、そして、仕事をサボってギャンブルに明け暮れてしまいます。
自分の手持ちのお金がなくなってしまうと、取り返すために金融機関に借金までしてお金を調達し、そのお金をかけてギャンブルをします。
それに負けてしまうと、今度は借金を返すためにまた別の金融機関からお金を借りて、再びギャンブルをします。
その繰り返しで借金はどんどん大きな額で膨れ上がってき、抱えきれないぐらいの借金になっているのです。

オンラインカジノは、生活や仕事が立ち行かなくなってしまうほどの依存症になってしまいやすいと言われています。
それほどギャンブル依存症は恐ろしい問題です。
ギャンブル依存症は、勝ち負けのリターンの差が激しければ、それだけ陥りやすいと言われています。
オンラインカジノはそれに当てはまっていて、日本人プレイヤーでこのようにギャンブル依存症になってしまった例もたくさんあります。
そうなってしまった場合には、自分の意志では止めることができませんので、専門機関や、病院で治療を行うことが必要となってくるのです。

オンラインカジノと借金問題について

オンラインカジノは、クレジットカードで決済をするという仕組みになっています。
このため目の前の現金がなくてもギャンブルに費やしてしまうのです。

そして、オンラインカジノは、必ず稼げると言った副業として紹介されていることも多いですし、財テクとして紹介されることも多いです。
しかし、実際はギャンブルであり、ハウスエッジが存在していて、損をしてしまう可能性も高いのです。
このため、借金をしてまでオンラインカジノにのめり込むようなことは避けておくようにしましょう。

オンラインカジノで稼いで借金を返済しようという安易な考え方で多額のお金をつぎ込んでしまい、大変な事態になってしまうこともあります。

オンラインカジノとスパム広告の問題について

オンラインカジノのスパム広告が掲示板に無差別に貼り付けられていたり、またブログをやっている人はコメント欄に貼り付けられているのを見たことがある方もいると思います。
これはオンラインカジノの悪質なウェブオーナーのやり方です。

このように悪質なオンラインカジノは、インターネット上でスパム行為を行っており、スパムメールなどを送りつけるケースもあります。
一部のカジノになるのですが、スパム広告が蔓延することによって、オンラインカジノ業界は良くないイメージに見られてしまうので、とても残念です。
これらのスパム広告を避けるための有効な手段ですが、受け取り手側が面倒ですが設定する以外方法がありません。
このため、深刻な社会問題となっています。

オンラインカジノとサポートの問題

オンラインカジノは、歴史が浅いということもあり、サポートの問題を抱えています。
他のサービス産業と比較しても、サービス意識の低さが目立ち、サポートの対応がぞんざいだったり、サポートのレベルが低いケースが多いです。

日本語対応がしっかりとしていなかったり、あるいはサポートが無視をしたりすることもあります。
また、入出金のトラブルに関しても、パチンコと比較するとオンラインカジノは多くなっています。
オンラインカジノのサポートのレベルはまだ発展途上ですので、プレイヤーが顧客満足に特化した、サポートのレベルが高いオンラインカジノを選ぶ必要があるのです。

オンラインカジノと法律の曖昧さについて

オンラインカジノは、日本の法律的にはグレーゾーンとなっています。
そして、法律的には合法でもなく違法でもない状態であり、はっきりとしない曖昧な状態になっています。
そして、インカジのような違法なカジノも営業されていて、線引きが曖昧になっています。
今後、これから日本の法律はどれくらい対応できるのかということも、社会的な問題となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です