オンカジ日記

二重三重に安全性の確保に心を砕く業界

オンラインカジノは海外の合法ギャンブル

オンラインカジノは海外の合法ギャンブル

24時間いつでもパソコン、スマホ、タブレットからギャンブルを楽しめることから、オンラインカジノの人気は日本でも高まりを見せています。
ただ、日本での利用は違法ではありませんが合法でもないため、海外と違い大々的な広告を行うことができません。
そのため、オンラインカジノは実際どういったギャンブルなのだろうかと疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

オンラインカジノはカジノ合法国における合法ギャンブルです。
合法ギャンブルということは、オンラインカジノの運営は海外政府により認められているということです。
日本の合法ギャンブルである競馬や競輪に置き換えて考えて頂ければわかると思いますが、合法ギャンブルにおいて不正が発覚するとそれは政府の責任となります。
その不正が発覚したギャンブルの運営停止はもちろんのこと、合法ギャンブルとして許可を与えている政府側も利用者に対して責任を果たさなければなりません。

オンラインカジノも同様に海外においては合法ギャンブルであるため、ゲームをはじめ、提供しているサービスの中で不正が発覚すると、それは運営許可を与えている海外政府が対処することになります。
そうした不正が行われないように、オンラインカジノの運営を認めている海外政府は厳しすぎるとも言える審査を行い、その審査をパスした会社にのみ運営許可であるライセンスを発行しています。

ライセンス発行審査は、その会社の現在に至るまでの実績から背後関係に至るまで多岐にわたる項目が用意されています。
そして、ライセンスの発行には多額なライセンス料も必要となるので、資金に関しても十二分に余裕のある企業でなければライセンスを取得することができません。
更にはライセンスを取得して運営を開始した後も、ライセンスを発行した海外政府によって健全な運営を行っているかどうかのチェックが抜き打ち的に行われるので、ライセンス取得後もライセンス取得時と同等以上のサービス提供が必要となります。

このようにオンラインカジノは海外の合法ギャンブルであるため、いつでも不正のない安全なギャンブルサービスの提供が行われているので、その安全性に対し疑問を抱く必要はないでしょう。

ゲームは専門のソフトウェア会社により提供されている

ゲームは専門のソフトウェア会社により提供されている

オンラインカジノの肝となるのは、実際に利用者がギャンブルを行うゲームです。
ソフトウェアにほんのわずかでもプログラムミスがあると、そのミスにより勝てるはずの勝負も勝てなくなってしまいます。
オンラインカジノがどれだけ安全性に気を配っているといっても、そうしたプログラムミスの心配を持ってしまうのは当たり前のことだと思います。

しかし、そのソフトウェアの面に関してもオンラインカジノは完璧と言える対策を行っています。
オンラインカジノのゲームは、開発を専門とするソフトウェア会社によって開発されています。
オンラインカジノ側は、そのソフトウェア会社が開発したゲームのソフトウェアをレンタルし利用者へ提供しています。

ソフトウェア会社も合法ギャンブルへのゲーム提供にあたり、海外政府の審査を受け、その安全性を認められています。
このソフトウェア会社のソフトウェア審査ももちろん厳しいもので、何百万回、何千万回のプレイでも常に結果がランダムで公平性のあるソフトウェアでなければ、オンラインカジノへの提供は許されません。
当然ながら不正の入り込む余地がほんのわずかにでも残っていると、その場合も同様に審査の段階で弾かれてしまいます。

また、ソフトウェア会社も自社が提供したゲームで問題などが発生してしまうと、その後の自社の運営に大きなマイナスとなってしまうため、十分過ぎると言えるほど安全性、公平性の部分には力を入れています。
こうして専門の別会社がギャンブルの肝となるゲームを提供していることによって、オンラインカジノのゲームはいつでも安全性、公平性が保たれています。

第三者監査機関による定期的な監査を受けている

第三者監査機関による定期的な監査を受けている

合法運営しているオンラインカジノの多くは第三者監査機関に監査を依頼しています。
なぜ、わざわざ外部の監査機関に監査を依頼しているのかというと、その理由は二つあります。

一つは運営会社が気づけないマイナス点を改善するためで、もう一つは、安全で不透明なところのないギャンブルを提供していることを利用者に示すためです。
第三者監査機関の監査は、運営会社の運営状態からソフトウェアの安全性、公平性に至るまで細かくしっかりと行われます。
そしてそのすべての監査に合格出来れば、監査を行った監査機関からライセンスを受けることができます。

オンラインカジノの第三者監査機関の中でも、特別監査が厳しいことで知られているのがイーコグラという非営利団体です。
オンラインゲームの公平性を保つことを目的としているイーコグラの監査は、世界的にメジャーなオンラインカジノでも一発合格が難しいとされ、現在イーコグラからライセンスを受けているオンラインカジノでも、過去に何度も監査で落とされている場合があります。

こうした監査の厳しさから、オンラインカジノ業界においてイーコグラからのライセンス取得は一つのステータスともなっています。
オンラインカジノに慣れている経験者の多くは、安全性第一にオンラインカジノ選びを行っているので、まずは海外政府発行のライセンスの取得状況、次にイーコグラからのライセンス取得状況をチェックしオンラインカジノを選んでいます。
オンラインカジノにはこのような第三者監査機関も存在しているため、常時インチキやイカサマのない安全なギャンブルサービスの提供を行うことができています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です